FC2ブログ

翠ノ剣

同人サークル「翠ノ剣」のブログです。活動報告やアニメ・ゲームの感想などを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

今年最後の挨拶と感謝

今年も残るところあと少しですね。
まだサークルとして同人活動を始めて
半年も経ってない若輩者であり
分からないことだらけで色々と大変でしたが
2007年は非常に充実していました。

来年も宜しくお願いします。

2008年が皆様にとっても自分にとっても
いい年でありますように。
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

同人誌「メロン奴隷は調教中」の修整版が発売中です

表紙 小サイズ2

サークル「翠ノ剣」の同人誌「メロン奴隷は調教中」
DLsite.comで発売中ですが
今回修整版と差し替えをさせてもらいました。

そしてそれに伴いDiGiket.comでも発売させていただくことになりました。

作品のPDF化をそれぞれにお任せしている以外に内容・値段などの違いはございません。

DLsite.com
直リンク: http://maniax.dlsite.com:80/work/=/product_id/RJ035071.html

DiGiket.com
直リンク: http://www.digiket.com/work/show.php?ID=ITM0016395

「テイルズオブジアビス」ティア本です。
内容はタイトル通りな感じです(^_^;)
ですから元ネタ知らなくても全く問題無いです。

DLsite.comで既に購入された方も修整版の方を
無料でダウンロードできるそうなので是非どうぞ。

読んでいただけたら嬉しいです。
宜しくお願いします。


同人販売 | コメント:0 | トラックバック:0 |

劇場版「空の境界」 第二章「殺人考察(前)」の初日舞台挨拶に行ってきました



劇場版「空の境界」 第二章「殺人考察(前)」の
初日舞台挨拶に友達と行ってきました。

開演は夜9時15分から。
7時半ごろに電車で新宿についた頃には小雨が降り出し
傘を持っておらずびしょ濡れ。
若干テンション下がるもテアトル新宿に着いたら
かなり大勢の人でごったがえしており
再びテンションが上がりました。


まずは映画の感想
まずは第一章でもやったクレイアニメが。
今回は映画を盗撮する橙子を式が直死の魔眼で切るというもの。
どうやら章ごとに変わってくるみたいです。
次のが楽しみ。

肝心の本編は文句無しで良かったです(ただし原作既読の場合)。
前々から不安視されていた「ufoは1話のみ」のイメージ。
そんなもの映画始まったらすぐに吹っ飛びました。
舞台挨拶で監督も言ってましたがまず映像が相変わらず凄い。
背景描写の細かさは第二章でも健在でした。
桜の木やミカンの皮の描写は実写を流用してるのかと思ったほどリアル。
パンフレットの監督インタビューでもミカンについて触れていますが
あれはちゃんとセル画だとの事、スゲ~。
血の描写もかなり凝っていて血の生暖かさが伝わってくるかのようでした。

あとアクションシーン。
第二章ではアクションシーンは少ないのですが
その分かなり気合入ってますね。
特にラストの黒桐が雨降る竹林の中を全力で式から逃げるシーン。
緊迫感がこちらにも伝わってきます。
普通のアニメでは「走り」「歩き」のシーンは
同じ絵のリピートで処理されますが
なんとここでは全部違う絵を使っているとの事!
パンフレットのそのシーンの原画が100枚程載ってますが
確かに全部違う、スゲ~。

シナリオも黒桐と式・織の関係という恋愛としての側面
謎の連続殺人と式との関係というサスペンスとしての側面
非常に丁寧に描かれてました。
そのためグロテスクなシーンも増えていました。
それには奈須きのこも驚いた模様。

あと今回もTYPE-MOON作品のパロがこっそりとありました。
前回はセイバーの黄色いコート。
今回黒桐と「織」のデート中クレーンキャッチャーで獲ったのは
黒と白のネコ…しっかりリボン付です。

スタッフロールで白純里緒の声は保志総一郎。
あれ?凄く聴きなれてる声のはずなのに全然気付かなかった。
声質を変えていたのでしょうか?
う~んこの点はもう一回観るときに注意して聴いてみます。
でも黒桐幹也が鈴村健一で白純里緒が保志総一郎ということは…
あの章が楽しみだ…。

スタッフロールの後声だけですが荒耶宗蓮が登場。
出番少なくてもインパクトはデカイ。
さらにその後は次章予告。

第三章の予告カッコエェェェェェェェェッ!!
遂に浅上藤乃登場!
能登ボイスでの浅上藤乃の語りとともに
雨の中での黒桐との出会いのシーンが流れます。
その後色々なシーンと色々なキャラのセリフが
いくつか流れた後、真っ黒な背景に「両儀の血 VS 浅上の血」の文字が。
その直後浅上藤乃の「曲がれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇーーーっ!!」の絶叫とともに式とバトルシーンが一瞬の間に大量に流れます。
式の手がグネリと曲がるシーンも、うわぁぁっ痛そう!
能登の絶叫気合入りすぎです。
この予告にはマジで鳥肌立ってしまいました。

このあとプレスが続々と入ってきて舞台挨拶が開始。
こちらから見て左側から坂本真綾、鈴村健一、中田譲治、野村卓也監督。僕の席が真ん中の列の中段くらいで劇場がそんなに大きくもなかったので
かなり近くでハッキリと見えました。

中田譲治は全身黒で黒のキャップ、どこの逃がし屋ですか。
鈴村健一は実際見ると結構背が高い。
坂本真綾は写真より可愛い気が。

最初の挨拶で中田譲治のマイクが不調の為地声で挨拶。
さすがベテラン声優、声でかくてよく通ります。
開口一番に中田譲治の「蒼崎橙子役の中田譲治です」に会場爆笑。

その後は自分の役や演じる上での苦労などを。
中田譲治「荒耶であらヤダと言われないように頑張ります」
で会場がまた温まりました。
ジョージはサービス精神旺盛ですね。


本当に面白かったです。
第二章でもクオリティの高さは全く損なわれていませんでした。
このクオリティが最後まで持続すれば凄い作品になると思います。
唯一の問題点はやはり原作未読の方には分かりづらいところでしょうか。
第二章は第七章の後編とセットの話なので余計にそうかもしれません。
舞台挨拶で監督も同じ事を言っていました。
しかしこれが空の境界の持ち味でもあるので仕方ないことかと。
とりあえず今回の舞台挨拶付前売り券とは別に
ポスター付前売り券があるので来年もう一回観に行く予定です。

とりあえず原作既読の方なら第三章の予告だけでも
十分観る価値があると思います。
それくらい面白かったです。



アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

劇場版 「空の境界」 第二章 「殺人考察(前)」の舞台挨拶から帰ってきました

映画を観終わった後、新宿マックで友達と終電近くまで
空の境界について語り合っていたら
家に着いたのが今になりました。
舞台挨拶の感想は明日の昼ごろ(と言うかもう今日でしたね)には
またちゃんと書きたいと思います。

とりあえず一言…

うおおおおぉぉぉぉぉぉっ!!
第三章早く観てぇぇぇぇぇっ!!



雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「メロン奴隷は調教中」の修整版について

現在微妙にお腹を下しているスイケンです。

実はここ3日ほど空いた時間にちょくちょくと
同人の活動をしていました。


ダウンロード作品の描く側からの利点として
簡単に作品の差し替えが出来る事があります。
そこで1冊目の同人誌「メロン奴隷は調教中」
修整をしていたというわけです。

すでに購入してくださった方々は
再ダウンロードが無料で何度でも行えるそうなので
是非とも修整版の方もダウンロードしてみてください。

まぁ修整といってもそんなに大きく変化しているわけではありませんが。
今のバージョン持ってる方はどこが変わったのか比べてみてください。

ちなみに今発売中のバージョンは修整版に差し替えが完了した後は
ダウンロードできなくなります。

差し替えが完了するのが登録から大体一週間後くらいなので
その時にまたここで連絡します。

それにしても差し替えはホント便利だなぁ。
「マイユア奴隷は調教中」の方も時間あれば修整しようかなぁと思案中です。


同人活動 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Myself;Yourself 第13話 「きずな」

ハートフルラブストーリーアニメの決定版ついに最終回です。
まずは放火の真相から。
おじさん放火犯はミスリードでした。
放火したのはなんと菜々香の父。
原因は親友と妻の関係、しかも菜々香が実の娘でなかったという事を知った父が
ブチ切れて妻を殺害して自分も灯油かぶって着火。

要するに菜々香の母が諸悪の根源だったと。
菜々香ママはホントどうしようも無いくらいダメ人間だな。

旦那の自分が子供の頃からの親友と浮気関係続けて
結婚した後で不倫相手の子をぬけぬけと旦那の子として産み
バレたら今度は開き直り……。
旦那は妻と友人の子を育てささせたうえに
そいつとの関係ずっとを絶っていなかったとは。
バイオリンやらせたのも口実っぽいし。
もうこれは旦那が切れても仕方ないぞ。

前の感想で予想を3つも挙げておきながら全部外れました…。
ってあんだけシルエットで引っ張っておいて最終回に
新キャラのロン毛親父が犯人とか分からないッスよ。

何はともあれ真実を思い出した菜々香はショックで引きこもり。
そのまま風呂場でリストカット。
佐菜のおかげで一命は取り留めるも心を閉ざしたままの菜々香に
ついに佐菜が自分の秘密を暴露します。

……ってまんまリスカかよ。
しかも理由も何かベタベタだし。

まぁここまででも展開速過ぎて置いてけぼりな展開だったけど
ここでまさかの超展開。


~10年後~


……………………………………………………………は?
はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!

歴史的瞬間を見たって言うんでしょうか。
監督、脚本家、シリーズ構成、その他もろもろちょっとこっち来いっ!!
これで終わりかよ……。

とりあえず10年後の描写から分かったこと。

・雛子の彼氏は星野あさみの親戚で5歳年下の陽太。…なぜあんなチョイ役とわざわざくっつけたんだろうか。
・佐菜は菜々香にプロポーズ。
…って結婚まで10年も何やってたんだ?
菜々香が音楽留学とかでもしてたのだろうか。
リスカップルってアニメやマンガとかで他にいたっけ?
2人とも本当にトラウマ克服できてるのだろうか…激しく先行き不安だ。
・先生はまだ独身…。
もう30は越えてるハズ…。
・双子はマジでくっついてるっぽい…。
そんなエロゲ的展開アニメでは笑えないよ…。

他にもいくつかあるけど特に気になったのはこんなもんでしょうか。


正直最終回観終わった後もモヤモヤ感がぬぐいきれない。
理由はいくつもあるけど大きなところとしてまずは
佐菜も菜々香も双子も困難にブチ当たった所までしか見せてないところかも。
それを乗り越えて成長するところがあれば感動もできるけど
いきなり10年後に跳んでその過程を全部はしょられてもね。

あと何人かの大人が性根が腐ってるところも。
双子の親父と後妻、菜々香の母親とバイオリンの先生
学校の校長と教頭、そしてネコばばぁ。
しかもバイオリンの先生以外はどいつもこいつも
反省した様子が無いところが余計に腹立だしい。
(菜々香の母親は開き直ったまま殺されてるし。)
結局罪の無い子供たちに全部とばっちりいってるし。


全体を通しての感想としては
正直最初のラブコメな展開のままで最後までいってほしかったなぁと。
アニメ麻緒衣には最後まで癒されっぱなしだったけどね。
でもゲーム版では……。
まぁなんだかんだ文句言いつつも毎週次の展開が気になってたし楽しめました。
でも本当に王道ラブコメやってたらもっと楽しめたんだろうなぁ。


アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

バックベアード「このロリコンどもめ!」

バックベアード「このロリコンどもめ!」

ここ数年ネットで見るようになったこのセリフ。
しかし僕がこのセリフやコラを見たとき
「あれ、なんでこの妖怪が?」と思いました。

実は僕が生まれて初めて買って貰ったマンガ
ゲゲゲの鬼太郎のマンガであり
その中でバックベアードと対決しているのです。
マンガのタイトルは「鬼太郎の妖怪旅行2」
今も大事に手元に置いています。

そもそもバックベアードとはどの様な妖怪でしょうか。
ウィキペディアによると以下の通りです。

バックベアードは妖怪の一種。
水木しげるによる創作でアメリカの妖怪とされ
黒い太陽に目が付いた姿をしている。
その巨大な一つ目は魔眼であり
見合わせた者を言いなりにしたり
眩暈を起こさせたりする。
夕方に現われて人の目をくらまして
交通事故を起こさせたりもする。
その正体は光化学スモッグであるという。


設定を見れば分かる通りバックベアードはかなり強い妖怪です。
「鬼太郎の妖怪旅行2」では世界中の有名な妖怪と対決しますが
ギリシャのゴーゴン、ルーマニアの狼男、エジプトのセトなど
並み居る妖怪達を抑えてトリを務めています。
そこで鬼太郎一行とバックベアードとの激闘を紹介したいと思います。


表紙

表紙は見ての通りゴーゴンと鬼太郎
そして何故か一番大きく目立ってるねずみ男。
これを読んだ当時は近い将来ゴーゴンが

612v72BNco2BL__SS500_.jpg

こんなセクシーなキャラになるとは思ってもいませんでした。
これなら大歓迎です、どんどん縛ってください。
こんな妖怪の出てくる鬼太郎なら
毎週欠かさずに観ていたでしょう。

ちなみに発行日を見てみると…
0.jpg

昭和60年!?
今から20年以上前です。
…とりあえず目次を見てみましょう。

1_20071224144700.jpg

こうして見るだけでもベアード様は一際異彩を放っています。
しかし鬼太郎の顔は何故よりにもよってこんなマヌケなのを選んだのでしょうか。

まぁそれはいいとして
この第14話「ベアード」のストーリーを解説していきます。


世界の悪い妖怪を退治するため世界旅行を続ける鬼太郎一行。
エジプトに滞在中、突然日本から傘化けが飛んできます。
事情を聞けば鬼太郎がいない間に日本各地で
妖怪がはびこっているので早く戻ってきて欲しいとの事。
しかし日本への旅費ももう残っていません。
ちょうどそこにテレビのニュースが。
どうやらイギリスに隕石が落下したのだが
研究者たちが近づくと眩暈がして倒れてしまうらしい。
イギリス女王はこの問題を解決した者に賞金を出すという。
これを妖怪の仕業と踏んだ鬼太郎たちは
エジプトのイギリス大使館に行ってロンドンへ連れて行ってもらい
その妖怪を退治してその賞金で日本に帰ることにします。

日本からエジプトまで飛んできた傘化けの事や
イギリス大使館に行けるくらいなら
日本大使館へ行って日本に帰ればいいのにとか
そんな野暮なツッコミをしてはいけません。


イギリスのロンドンに着いた一行は早速調査を開始。
一反木綿が上空を偵察中にベアード様が早速現れます。

2.jpg

一反木綿は眩暈を起こし墜落。
鬼太郎たちは妖気を辿ってベアードの隠れ家の古城へ。

3.jpg

しかし古城に侵入してすぐベアードの急襲に会い一旦退きますが
逃げ遅れたねずみ男が捕まってしまいます。

ベアードに捕まったねずみ男はギロチンで殺されそうになります。

4.jpg

しかし間一髪のところで鬼太郎たちが助けに戻ってきて
鬼太郎、ぬりかべ、砂かけ婆、子なき爺のコンビネーションプレイ
ベアードを袋の中に閉じ込めることに成功します。

そして捕まえたベアードをギロチンでやっつける事に。
鬼太郎たちも結構えげつないことをします。

5.jpg


…やっぱりまだ生きていました。
しかも袋から出てきてしまいました。
てか鬼太郎たちはベアードがスモッグ体だと分かっていたのに
なんでこんなアホなことをしてしまったのでしょうか?


形勢逆転、今度は鬼太郎が捕まってギロチンにかけられる事に。
そこで悪役のお決まりということでベアードの目的が語られます。
どうやらベアードは隕石の中に隠されたロケットで
宇宙旅行がしたかったそうです。


隕石の中に隠されたロケット?えらくSFじみた話になってきました。
隠されたということは地球外生命体のモノでしょうか?
まぁ妖怪がいるなら宇宙人が出てきても不思議ではありませんが…。

いよいよ鬼太郎が殺されそうになった時
目玉の親父が助けに来ます。

6.jpg


二つになったベアードがお互いの眼を見てしまい
眩暈を起こしてしまいます。
その隙に鬼太郎を助け、再びベアードを袋の中に。
今度はそのまま焼いて退治に無事成功しました。

こうしてイギリス女王から賞金を貰った鬼太郎たちは
飛行機で日本に帰りました。
ぬりかべは乗れないのでコンテナ船で帰ったそうです。

ちなみに隕石の中からは本当にロケットらしきものが出てきたそうです。
むしろこっちの方が世界的な大事件な気がしますが…。



みなさんがこれをよんでベアード様の事がもっと好きになってくれたら嬉しいです。
長々と書きましたが要するに僕が一番伝えたかった事は

ベアード2


おわり。



おまけ
このマンガの最後に妖怪事典がついているのですが
これを読んだ当時、一番印象に残っていたのがこいつです。

7.jpg



雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

アニメ感想 ef - a tale of memories. 第12話 「love」

ef_20071223163939.jpg

最終回なので単独で感想書きます。
↑の千尋と蓮冶のラフ絵は最終回を観終わった後
衝動に駆られて描きました。

まずいきなりのOPの変化には鳥肌立ちました。
いつもの英語から日本語バージョンに。
映像の方もいつもはシルエットの女性キャラ達が砕け散ってたけど
今回はそれぞれ関わってきた男性に救い出して貰った。
すでにこの映像でちょっと泣きそうだ…。
そしてみやこと景に巻き付いた鎖も解かれてた。

Aパートは千尋と蓮冶。
千尋との結末に絶望する蓮冶。
しかしそこに向けられる久瀬と火村の言葉。
「夢を想い続ける事が夢を叶える第一歩」
「この世に奇跡なんて無い、あるのは必然と偶然、そして自分が何をするか」


必然
・千尋が蓮冶を13時間も忘れられなかった。
・蓮冶が千尋の事を諦められなかった。
偶然
・蓮冶が千尋とのプリクラを貼った日記を見つけた。
自分が何をするか
・散らばった日記をまた集める。
…といったところでしょうか。

千尋と蓮冶の結末は奇跡でも何でもなく、
それぞれのが想いが重なった結果なんですね。

そしてようやく千尋の鎖も砕ける。
彼女もようやく救われました。

Bパートは後日談。
みんな幸せな場所に行けてホントに良かった。
景にもちゃんとフォローあって嬉しい。
前の感想であまり好きではないと言っていたカメラマンくんですが
OPの景を救い出す映像とBパートの元気になった景を見て
何だか好きになっちゃいました。
う~ん、我ながら単純で感化されやすいな性格ですね。

綺麗に終わりましたね。
蓮冶は千尋を護るナイトになれたようです。
何気にOPで蓮冶だけお姫様だっこだし。
蓮冶はギャルゲの主人公とは思えないかっこよさでした。
蓮冶と千尋が幸せになって良かったよ。・゜・(つД`)・゜・。
この2人は僕の中でとても大きなキャラクターになりました。

僕は原作ゲームの事をまったく知らない状態で観始めましたが
第02話の千尋の告白からEDへの流れで一気にこの作品に引き込まれました。
複数の物語が同時進行のおかげか勢いがなかなか衰えなかったし
幾度ものOPとEDの変更も飽きなくて良かった。
特に最後のOPの変化はかなり良かったです。
今は友達に観せるために始めから一緒に観ているのですが
初見では気付かなかった伏線がけっこうあって面白いです。
僕の中では今期一番でした。


アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

まとめてアニメ感想

灼眼のシャナII 第12話 「清秋祭始まる」
1クール消費してやっと本編突入しました。
来週はかなり混沌とした状況になってそう。
好きだの嫌いだのといった学園モノのノリも好きですけど
個人的にはやっぱりシャナではバトルが観たいと思っていたので楽しみです。
予告でおがちゃんの死亡フラグが立ってましたけどどうなんでしょうか?

来年からOPとED変わるんですよね?
やはりKOTOKO
それとも意表をついて高橋洋子


D.C.Ⅱ ~ダ・カーポⅡ~ 第12話 「心の架け橋」 
委員長とロボ子の和解のきっかけは
委員長の弟だろうなとは思っていました。
実際弟を助けるところまでは予想通りというかベタな展開。

…しかしその後の展開にビックリ。
急展開というか強引過ぎる気が…
どう考えても生徒達のあの変わり身の早さは異常です。
敵に回すとやばいと考えたのでしょうか。


でもとりあえずメデタシメデタシ…
ってロボ子編まだ続けるのですかっ!?
マジ小恋はどうするんですか?
来週って確か最終回ですよね?
小恋以外に時間割く余裕は無いと思うんだけど…。
義之もセーブポイントをミスっちゃいましたね。

それにしてもロボ子頑丈だなぁ
数十メートルの高さから落ちてきた鉄板に潰されても
車に轢かれても大丈夫って何でできてんですか。

まだ最終回が残ってるけどこのアニメ通してみると
由夢や小恋よりロボ子の方がメインヒロインな気が…。


アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

同人誌の発売日について

表紙s

同人誌の発売日ですがDLsite.com
12月23日に発売となります……ていうか明日ですね。

サークルの管理ページで発売予定日って確認できたのね。
ついさっき気付きました。
そんなこと出来るなんて今まで知らなかった…。

ゲーム版発売には間に合わなかったけど
アニメ版最終回にはギリギリ間に合ってよかったです。

今回の同人誌「マイユア奴隷は調教中」
「Myself;Yourself」のヒロイン織部麻緒衣の本です。

ちなみに今回麻緒衣にスク水着せている理由は巻末のコメントで言及しています。


同人活動 | コメント:0 | トラックバック:0 |

劇場版 空の境界 第二章 「殺人考察(前)」の初日舞台挨拶に行きます!

2007_12210006.jpg

劇場版 空の境界 第二章 「殺人考察(前)」の初日舞台挨拶チケット取れました!
しかも友達の分も含めて2枚も!


今回は発売前日になって急遽web予約不可となりました。
転売対策でしょうか?

今日の10時に発売開始だったので家から10分くらいの場所にある
チケットぴあに行きました。
デパート内の本屋にある店舗だったのでデパート開店と同時に
電話での予約も試みながら7Fまでダッシュ。
着いた時には既に1分以上経過…。
既にカウンターには人がチラホラいましたがまず無事1枚ゲット。

今回は1回で1枚までの購入なので友達の分も買う為にもう一度買うことに。
既に10分くらい経っていたのでダメもとで空きを尋ねたら
なんとあっさり2枚目ゲット!

この10分くらいの間に電話での予約も試しましたが結局1回も繋がらず。
その友達も電話での予約は無理だったそうです。

しかし電話やwebで全然チケット取れないと嘆いていたのに
店頭では並びなおしても余裕で買えるとは…。

ちなみに舞台挨拶の予定ゲストは
坂本真綾さん・鈴村健一さん・中田譲治さん・野中卓也監督。
うおぉぉぉぉぉーーーーーっ!
生に会えるーーーーーーっ!

開演は12月29日の9時。
観終わったらまたここで感想書きます。



雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

レディアントなファッションショー

前の記事でも書きましたが
テイルズオブザワールド レディアントマイソロジーは
着せ替えがとても楽しいです。
そこで自分が気に入っている衣装をいくつか紹介します。
発売されて結構経っていてかな~り今更ですが
自分がやりたいからやる、そんなの関係ねぇな勢いでいきます。
ではレッツゴー!

2007_12200063.jpg
ウサ耳メイド
ウサ耳はいいですねぇ。
自分の中でウサギって従順で恥ずかしがり屋なイメージです。
もちろんメイド服は超がつくほど大好きです。

2007_12200076.jpg
ネコ耳スク水
イメージはアルカナハートのキラ様。
ランドセルがあれば完璧だったのに。

2007_12200079.jpg
体操服with眼鏡
女子の運動靴はやっぱり赤。
体操服と眼鏡の組み合わせは無限の可能性を秘めています。

2007_12200096.jpg
お祭り仕様with和田どん
お祭りと言えば太鼓。
一見女の子に似合わなそうで意外と奥が深い衣装ですね。

2007_12200084.jpg
アイドルマスター如月千早仕様
これもゲーム会社が同じだからこそなせるワザか。
ネコ耳も衣装に合わせて白に。

2007_12200093.jpg
アイドルマスター天海春香仕様(赤)
やはり赤は映えますね。
ゲーム版もアニメ化しないかなぁ。
でもアニメも好きでしたよ。

2007_12200012.jpg
アイドルマスター天海春香仕様(黒)
色が変わるだけで一気に大人びた雰囲気に。
ちょっとだけゴスロリ風味。

2007_12200044.jpg
サンタスーツ
小さな子供に夢を与える赤い服も着る人が変わるだけで
大きな子供に夢を与える魔法の服に大変身!
クリスマス?でもそんなの関係ねぇ!



ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |

まとめてアニメ感想

ef - a tale of memories. 第11話 「ever forever」
今回は本当に面白かった。
個人的には今年のアニメの中でも特に印象に残る回でした。

Aパートはひたすらデート。
しかしあまりに順調過ぎて見てて不安にもなりました。
やはり予感は的中…。

完成した物語の悲しい結末を蓮冶が知ったとき
千尋は屋上から飛び降りるのかとヒヤヒヤしました。

しかし捨てたのは命ではなく蓮冶との思い出が詰まった日記。
記憶を維持できない千尋。
この行為によって蓮冶の知る彼女は死んだも同然。
日記をばら撒く=自殺ってのは悲しくも綺麗な演出だと思ってしまった。

最初のアバンで蓮冶は駅で一人顔を上に向けてますね。
千尋が上を向いてる理由が涙を流さない為でしたよね…。
あれはやはり屋上の一件の後でしょうか?
彼の思うところは一体……。

今期のアニメで一番最終回が楽しみです。
はたして蓮冶は第01話の冒頭に言っていたような
お姫様を護るナイトになれるのでしょうか?
僕は彼ならなれると信じています。
千尋と蓮冶はとても大好きなキャラなので
多少のご都合主義でもハッピーエンドを期待します。


Myself;Yourself 第12話 「赤い記憶」
金朋は実はとても空気が読める子です。
本当にいい子だなぁ。

菜々香のトラウマスイッチ発動っ!
先生?待て待てどういう事だ?
そういえば第01話でバイオリンの先生がいるみたいなこと
言っていた気がする。
現時点での放火犯の可能性としては
①バイオリンの先生(菜々香の母との不倫絡み?)
②菜々香のおじさん
③実は菜々香
に絞られていると思うのですが。

しかし意外と話が進まなかった。
主人公のトラウマ関係もまだなのに
ここで引きだと来週内容がかなり駆け足になるのでは?
efとは別の意味で最終回の想像ができません…。
さてどうなることやら。


キミキス pure rouge 第11話 「tear drops」
再びの実験キス!しかも今回は二見さんも照れてるし。
でも二見さんって実は凄いアホの子じゃなかろうか。
てかエミヤ君は二見さんが照れるようなフラグ立ててたっけ?
そう言えば地味な小清水さんの苗字は星野だったね。
どっかの星野さんとは真逆な性格ですが…。



アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

TOW レディアントマイソロジー 一周目クリア

2007_12190006.jpg

2007_12190008.jpg


さっそく昨日から溜まったゲームを消化しています。
まずは未クリアゲームの中で一番終盤まで進んでいた
TOW レディアントマイソロジーをクリアする事に。

↑の画像はラスボス直前のステータスです。
レベル上げをほとんどしていなかったためかなり低め。
服装がメイドなのはあくまで強い装備だから仕方なくです。
断じて僕が超メイド好きだからではないですよ?


ちなみに攻略Wikiによるとラスボス戦の推奨レベルは50以上だそうです。
もうラスダンの雑魚にですら苦戦しまくりです。
ラスボスに至っては必殺技一発で自分以外の全員が即死する始末。
でもレベル上げはめんどいので意地になって
そのまま何度もリトライ。

ようやくついさっき倒せました。
…普通にレベル上げした方が早かったなぁ…。

このゲームは正直全然期待していなかったのですが思いのほか楽しいです。
メイド、体操服、水着、ネコ耳、ウサギ耳など
ツボを押さえた装備が多いのがいいですね。
ほかにもアイマス、太鼓の達人などナムコらしい装備があるのもいい感じ。
戦闘は微妙ですけど衣装がモンハンなどに比べ特徴的なのが多いので
衣装の組み合わせを考えるのが楽しいです。
まぁ着せ替えの他に楽しみが無いとも言えますが…。
今度自分の好きな衣装をいくつかここで紹介するかもしれません。

とりあえず一本消化完了。
ホントはそのまま二周目いきたいけど
ほかのゲームを確実に消化しなくては。



ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |

同人誌制作完了っ!…の追記とか雑記とか

13.jpg

↑先週まで忙しすぎた為その反動ですっかり脱力しているMyイメージ。


前回の日記にも書きましたが2冊目が描き終わりました。
DLsite.comさんに作品登録するには
審査などに1~2週間かかるので
年内に出すには先週の土日くらいが
タイムリミットでした。
それにアニメのマイユアが終わる頃くらいまでには
出したかったですしね。
そういうわけでかなりギリギリでした。
本当はあと3日ほど欲しかったところですけど
細かな修正などはやり始めたらキリが無いですしね。

ホント大変でしたけど好きでやってることですし
まったく苦痛ではなかったです。


とりあえず溜まったゲームを消化しなくては。

現在未クリアでプレイ途中のゲーム
・アルトネリコ(PS2)
・テイルズオブザワールド レディアントマイソロジー(PSP)
・テイルズオブレジェンディアのキャラクタークエスト(PS2)
・ジャンヌ・ダルク(PSP)
・勇者のくせになまいきだ。(PSP)
・キングダムハーツ2FM+のRe:COMのリク編(PS2)
・LocoRoco(PSP)

明確なクリアは無いけど隠し要素を出すためプレイ途中のゲーム
・フェイト/タイガーころしあむ(PSP)
・リッジレーサーズ2(PSP)

買ったけどまだまったく未プレイのゲーム
・アルトネリコ2(PS2)
・聖剣伝説4(PS2)

今年中にせめていくつかは終わらせたいです…。
……あぁそういえばもうすぐPSPで
スターオーシャン涼宮ハルヒが出るんだった……。


同人活動 | コメント:0 | トラックバック:0 |

同人誌制作完了っ!

06.jpg

ハイ、間に合いました。
2冊目の同人誌、ついさっき完成しました。
タイトルは「マイユア奴隷は調教中」です。
Myself;Yourself織部麻緒衣の本です。
ここ数日は完全にひたすらこの作業にかかりっきりでした。

とりあえず今は眠いです。
詳しい報告はまたすると思うのでとりあえずまた後ほどデス…。


同人活動 | コメント:0 | トラックバック:0 |

まとめてアニメ感想

Myself;Yourself 第11話 「告白」
またまた怒涛の超展開の連続。
双子を陥れた密告手紙の犯人は星野さんかよぉぉっ!
しかも朱里に告白ってマジレズかよぉおぉ!!
学校で相合い傘描いて生徒達煽ったのもお前かぁぁぁぁ!!!

観覧車の時のも伏線だったのか。
ガチレズで腹黒で陰鬱でドS……
真性のド変態じゃないかぁぁ!!!

完全な逆恨みだし。
黒い……黒すぎるっ!!
佐菜が好きだと思わせてたのはフェイクだったのか?

てか双子はホントに駆け落ちかよぉぉぉぉ!!!?
まさかこれで双子は退場?
でも佐菜と修輔の別れは少しホロリときた。
これで最終回のバンドの可能性はほぼ消え去りました。
双子は駆け落ちしたままで終了とか普通ねーよwwww

来週はいよいよ放火犯の正体が?
てかホントに菜々香はメインヒロインなのか?
今回一言しか喋ってない気が。
いよいよ混迷の極みに達しつつあるマイユア。
金朋と雛子だけがほんとに癒しだなぁ…。
ただ今回のアイキャッチの金朋の暗い顔見ると
金朋にも何かとんでもない秘密がありそうで怖くなってきた…。
てかなんでこんなシリアスな内容で次回予告が
微妙にふざけてるんだwww


キミキス pure rouge 第10話 「miss tone」
光一は風邪でダウン。
てっきり小清水が看病に来る展開かと思ってたら
来たのはルルーシュ 。
光一は看病イベント起こすには好感度が足りなかったようで。

その後は摩央ねぇが看病するが
摩央ねぇが眠った光一のオデコにキッス!
しかし光一は気付いてしまった!
どうするサックスっ!
頑張れサックスっ!!

ついでにどうやら引っ越しフラグの立った小清水ですが
メインヒロインのはずなのにこのアニメでも目立てないなんて…。


バンブーブレード 第11話 「アニメーションとドリーム」
タマちゃんの最後の谷口悟朗発言が全てを持ってきました。
この発言通りコードギアス2期やって引退するのでしょうか?
ジョークなのかマジなのか判断に困ります。
しかしスタッフロールに新人ってwwww
しかもナレーションは銀河万丈!
どう見てもガンソードです。
どうしてガンソードネタかと思ったら
バンブーブレードの監督や脚本などのスタッフが
谷口悟朗が監督してたガンソードの
制作もやってたからなんですね。
ガンソード面白かったなぁ…。
オープニングのカッコよさはもちろん
終盤の展開もかなり熱かった。


アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

同人誌制作状況

名称未設定 1

現在完成度85%くらいです。
上の絵は下書き状態ですがこれは他にブログに載せる用の
エロ無しイラストが無かったからで
ちゃんと制作は進んでいます。
死んでも年内には出します。

今は一気にラストスパートするため
大好きなアニメ観てる間でも制作をしています。
あぁ時間が欲しい。

ゲームが…したいです…。

同人活動 | コメント:0 | トラックバック:0 |

まとめてアニメ感想

D.C.Ⅱ ~ダ・カーポⅡ~ 第10話 「霞んでいく想い」
どこへ行くんだ、このアニメは
いやこのアニメもか…

小恋可哀想です。
音姉が心配だからって小恋との約束を
ほったらかして帰って来たって……
音姉も自分の為に修学旅行の途中で
帰ってこられたらかえって申し訳ないだろ。
てか義之は音姉に言われるまで小恋の事完全に忘れてたのかよ。
酷過ぎてさすがの小恋もキレたか。

実は一番驚いたのが今回のPS2版のCM。
攻略可能キャラが12人以上って!?
小恋がホントに空気になっちゃうじゃないか!


ef - a tale of memories. 第10話 「I'm here」
広野の行動にカメラ小僧激怒。二度もぶったね!
ってなんでお前が偉そうなんだよと。
ただ確かに、二兎を追うものなんとやら
中途半端と言われてもしかたない。
殺されないだけマシですよ。

広野と別れ街を出て行こうとするみやこ。
みやこの自己完結な発言の数々に
「うっせぇよ!!」で一蹴する広野。

テレカの度数を使ってカウントダウンをしながらの
電話でのやり取りはなかなかグッときました。

みやこ編の話も中盤からどんどん盛り上がって面白かったです。
最後はベタと言うか妥当な終わり方でしたけど。
第01話を観たときから広野とくっつくのはみやこだと
なんとなく分かっていたけど景にはもっと頑張って欲しかった。

ただ広野はみやこの先手必勝キス作戦にそのまま流されて
付き合った様な印象が強いから
もし先に仕掛けたのが景だったら結果は違っていたのでしょうか?
う~~ん。

一応みやこ編は終わりってこと?
やっぱり景はカメラ君とくっ付くんでしょうかね。
ただそれをやる話数は無いですし後は全部千尋編
千尋パートは蓮慈がこれからどうするのか
想像がつかないから楽しみです。


ハヤテのごとく 第37話 「普通の女の子に戻りたい、でもキャラソンは買ってね♥」
うおっ!?ハムのメイン回だっ!
ハムが目立つなんて許されるのかっ!?
最近ツンデレヤンデレがやたらと増えているせいか
普通の良さが改めて分かってきました。
うん、普通が一番だよ。

てか予告で言ってたけどあと2話で終わりなの?


アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

まとめてアニメ感想

Myself;Yourself 第10話 「桜のために」
このサブタイトルは観る前と観た後で
印象が真逆になりますね。

はじまった頃からは想像できない展開にっ!
マイユアどういう展開だよ!
この1話だけで超展開の連続。
めちゃくちゃでもう収拾つかねーだろこれ。

まず婆さんこえええええええええええええええええええええ!!
まさかネコが本当に生け贄にされてたなんて。
次の生け贄に選ばれた星野あさみは重傷。
てかこれでばあさんの伏線は終了?
まさかホントにババアがそのまんまただのキチガイだったとは。。
そしてイイ人過ぎて実は黒いと思っていた星野さんは
まんま超イイ人っぽいし(これはまだ確定じゃないけど)。

双子父親の後妻もそのまんま金目当ての再婚でした。
親父もクズ過ぎてホント死んでいいよ。
そして様々な人間の嫌がらせを受ける双子。
そしてまさかの双子駆け落ちへ!?

もう菜々香両親の放火殺人も
そのまんまおじさんな気がしてきた。
もう想像を遙かに超えたあさっての方向へ行ってる
ババアの件も義母の件も直球過ぎて逆に予想外。
王道ラブコメって直球って意味なのか?

これって
現実のギャップに悩みながら、
成長していく少年少女たちの物語が綴られる、
淡いハートフルラブストーリー。

だったはずだよね?

観始めたばかりの頃は最終回で
OPのような明るいライブをするものだと
思っていたのですが……
どう考えてもハッピーエンドなんて無理です。

元凶はプロデューサーの伊藤誠の気がしてきました…。
そういえば前番組もスクールデイズだったし…。
頼むから最終回は放送してくれよ。

この鬱鬱な状況を打開する方法はないのかっ!
そうだっ!金朋がいたっ!
誰か~~っ!早く金朋先生を呼んでくれぇぇぇ~~~!!


逮捕しちゃうぞフルスロットル 第10話 「夏実ロボットになる!?」
なんだこのアホな内容はwwww
今まで以上にぶっ飛んでた話だった。
Dr.スーってどうみてもスッパマンです。


アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

劇場版 空の境界 第一章「俯瞰風景」 観てきました

2007_12050006.jpg

2007_12050002.jpg

2007_12050004.jpg


4時過ぎに電車で新宿に到着。
夜の9時15分からの上映なのでそれまで友達と
PSPで時間を潰す。
軽く夕食を食べて8時30分頃にテアトル新宿に到着。

すでにテアトル新宿は人でごった返していました。
チケット売り場では当日券を求める列もできてました。
先にパンフレットとストラップを購入。
しおりみたいなものも付いてきました。
劇場内は両脇と後方に立ち見もあふれ満席。

幕が上がるとまずはお決まりの
「携帯は切って」とかお願いの映像……
と思ったら式と黒桐のクレイアニメが始まりました。
2人が映画(劇場版猫アルク)を観ていると突然黒桐の携帯に着信が。
怒った式は携帯を直視の魔眼でバッサリ!
そして本編のスタート。


感想は素晴らしいの一言です。
まず映像や演出の美しさ。
OPからEDまであの空の境界の刹那的というか寂しさというか
不気味な独特の雰囲気が見事に再現されていたと思います。
音楽がそれをさらに引き立てていました。
もちろん特に目立った作画崩れもありませんでした。

そしてアクションシーン。
後半のシーンでは式の動きに水しぶきの動きを組み合わせて
躍動感が増しており、式の人間離れした強さが引き立ってました。
直視の魔眼を使うシーンもアニメ版月姫と比べ
格段とインパクトのあるものに。

声に関しても自分には全然違和感は無く
ドラマCDとのキャストの違いも気になりませんでした。

正直第一章「俯瞰風景」は全章の中でもかなり地味な章であり
自分の中の印象もあまり強くはなかったので
そこまで期待していたわけでも無かったのですが
いい意味で大きく裏切られました。
自分の中のハードルが低めだったのもありますが
少なくとも個人的には100点あげてもイイと思いました。
ただ原作同様、初見の人はワケが分からなかったかもしれません。
(それでも小説より遥かに分かり易く構成されていますが)
しかし原作好きならまず満足できると思います。
該当者は是非迫力ある劇場で!

ぜひ息切れすること無く今のクオリティで
とりあえずは連続公開の第三章まで
そして最後までいってもらいたいです。
最後の第二章予告を観て期待は大きく膨らんでいます。

でも実は第二章「殺人考察(前)」
自分の中で一番印象が薄い章だったりして…
次に印象薄かったのがこの第一章「俯瞰風景」だったりして…
逆に第三章「痛覚残留」は全章で一、二を争う
印象の強い章だったのでとっっっても楽しみです。
…まぁハードルの上げ過ぎも危険な気がしますが。


アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

空の境界観にきました

20071204180205
ただいま友達と新宿のマックで
ゲームしながら時間潰してます。
劇場の指定席もなんとかゲット。
9時15分から上映開始です。
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

まとめてアニメ感想

CLANNAD 第09話 「夢の最後まで」
原作未プレイですがこのアニメ序盤の頃の印象は
「うわぁぁぁぁ~~女の子みんなどこかネジが飛んでるなぁ」
でしたが今回を観た後は
「風子ぉぉ~~~~~~・゚・(ノД`)・゚・。」
実際泣いてはいないけどイイ話でした。
原作やってるともっと感動できたんだろうな。
あの場面で挿入歌は反則でしょ。
でも風子にこんなに話数割いて大丈夫なの?
ところで風子はもうアニメでは出てこないとですか?


スカイガールズ 第22話 「サザンクロス・ホーリーナイト」
ワーム空気読めよ。
…と思ったらいきなり音羽弟登場。
登場シーンでエウレカセブンを思い出した。
人とワームの融合体?
人型フェステムみたいなもんでしょうか?

話数や展開的に後はラストまで一気に行きそうですね。
と言うより今までが脇道に逸れ過ぎていただけな気もしますが。


D.C.Ⅱ ~ダ・カーポⅡ~ 第09話 「恋模様大和路」
こっちのほうがマイユアよりも王道ラブコメですよね。
カッペイが女子部屋に行ったときにまさかの黄色い歓声。
え?お前三枚目キャラじゃなかったのか?
ひょっとしてもててるのか?
まさかこいつもラブルジョアかっ!

ピンクとロリは最後まで小恋と主人公との仲を
応援してくれそうでホッとしました。
どっかのアニメみたいに主人公めぐって
いつか血みどろの争いをしないかとヒヤヒヤしてましたから。

それにしても主人公は彼女持ちなのに淡白すぎるだろ。
そりゃ小恋も不満もつわな。

最後の意味深な引きはなんでしょうか?
やはりロボ子関係でしょうかね。
次回は「霞んでいく想い」う~む。
たのむから小恋との約束すっぽかさないでくれよ。


ef - a tale of memories. 第09話 「forget me not」
景が最後でうわぁぁぁぁぁぁ~~~。
しかもそのままEDの映像とが繋がってるし。

今期アニメの中ではかなりハマッっているこの作品。
最初は千尋パート目当てでしたけど
今ではみやこと景のパートも同じくらいが気になっています。
景はカメラ小僧とのフラグも立ってるけど
できればくっついて欲しくないなぁ。
カメラ小僧はなんだか景を主人公から
横取り(?)しようとしてるみたいで
図々しく見えてしまうというか何というか……。
う~~ん、この気持ちをうまく説明できないです。


アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

劇場版空の境界が今日から公開

2007_11300053.jpg

今日から劇場版空の境界がテアトル新宿で公開開始ですね。
僕は第三章までの前売り券も買って準備万全です。

原作既読です。
全七章公開が決まった時は嬉しい反面
「全部映画館で観るとか高ぇーよ。DVDまで待つわ」
とか思っていたのに結局前売り券買ってる僕は
制作側の思う壺ですかね。

試写会には家族全員や友達のメアドを使って
応募しましたが見事に外れました。
そしてそれに意気消沈した為
公開初日の声優達の舞台挨拶付のチケットが
11月24日に発売することをすっかり度忘れしてしまい
それもゲット出来ず。


もうしょうがないので僕は次の火曜日に観に行く予定です。
第二章と第三章でも舞台挨拶やってくれないかなぁ。
やっぱ無理だろうなぁ。
舞台挨拶マジで楽しみにしていたのでホントに悔しいです。

まぁ観た人達の評価は結構いい感じなので楽しみです。
感想はまた観終わった後にでも書くつもりです。


アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。