FC2ブログ

翠ノ剣

同人サークル「翠ノ剣」のブログです。活動報告やアニメ・ゲームの感想などを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

劇場版 空の境界 第一章「俯瞰風景」 観てきました

2007_12050006.jpg

2007_12050002.jpg

2007_12050004.jpg


4時過ぎに電車で新宿に到着。
夜の9時15分からの上映なのでそれまで友達と
PSPで時間を潰す。
軽く夕食を食べて8時30分頃にテアトル新宿に到着。

すでにテアトル新宿は人でごった返していました。
チケット売り場では当日券を求める列もできてました。
先にパンフレットとストラップを購入。
しおりみたいなものも付いてきました。
劇場内は両脇と後方に立ち見もあふれ満席。

幕が上がるとまずはお決まりの
「携帯は切って」とかお願いの映像……
と思ったら式と黒桐のクレイアニメが始まりました。
2人が映画(劇場版猫アルク)を観ていると突然黒桐の携帯に着信が。
怒った式は携帯を直視の魔眼でバッサリ!
そして本編のスタート。


感想は素晴らしいの一言です。
まず映像や演出の美しさ。
OPからEDまであの空の境界の刹那的というか寂しさというか
不気味な独特の雰囲気が見事に再現されていたと思います。
音楽がそれをさらに引き立てていました。
もちろん特に目立った作画崩れもありませんでした。

そしてアクションシーン。
後半のシーンでは式の動きに水しぶきの動きを組み合わせて
躍動感が増しており、式の人間離れした強さが引き立ってました。
直視の魔眼を使うシーンもアニメ版月姫と比べ
格段とインパクトのあるものに。

声に関しても自分には全然違和感は無く
ドラマCDとのキャストの違いも気になりませんでした。

正直第一章「俯瞰風景」は全章の中でもかなり地味な章であり
自分の中の印象もあまり強くはなかったので
そこまで期待していたわけでも無かったのですが
いい意味で大きく裏切られました。
自分の中のハードルが低めだったのもありますが
少なくとも個人的には100点あげてもイイと思いました。
ただ原作同様、初見の人はワケが分からなかったかもしれません。
(それでも小説より遥かに分かり易く構成されていますが)
しかし原作好きならまず満足できると思います。
該当者は是非迫力ある劇場で!

ぜひ息切れすること無く今のクオリティで
とりあえずは連続公開の第三章まで
そして最後までいってもらいたいです。
最後の第二章予告を観て期待は大きく膨らんでいます。

でも実は第二章「殺人考察(前)」
自分の中で一番印象が薄い章だったりして…
次に印象薄かったのがこの第一章「俯瞰風景」だったりして…
逆に第三章「痛覚残留」は全章で一、二を争う
印象の強い章だったのでとっっっても楽しみです。
…まぁハードルの上げ過ぎも危険な気がしますが。


アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。